ベースブレッドで肌荒れが改善するって噂は本当?成分や実際の声を徹底調査!

ベースブレッドで肌荒れが 改善するって噂は本当? 成分や実際の声を徹底調査!

「ベースブレッドを食べて肌荒れが改善したって本当?」
「逆にベースブレッドを食べて肌荒れすることもあるの?」

ダイエットや身体作りのための主食として人気の「完全栄養食パン」であるベースブレッド。

1袋に1/2食分の栄養素が入っていて、手軽にバランスの良い食事ができるため、忙しい人や食生活が偏りがちな人からも人気を集めています。

そんなベースブレッドですが、健康だけでなく、肌にも良い影響があるという噂が・・・。

本記事では、実際にベースブレッドを食べたことがある121人にインタビューを実施し、ベースブレッドで肌荒れが改善したと感じたかどうかについての調査を行いました。

また、ベースブレッドを食べて肌荒れがよくなった!と感じる人がいる理由についても、ベースブレッドの成分から解説します。

ベースブレッドと肌荒れの関係性について興味がある人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • ベースブレッドを食べて「肌荒れがよくなった!」と感じた人の割合
  • ベースブレッドを食べて「肌荒れした」と感じる原因
  • ベースブレッドの栄養成分から見る「肌荒れが改善した!」と感じる理由
  • ベースブレッドを安く買う方法
【PR】
\初回20%OFF!コンビニで買うよりお得!/
  • 公式サイトなら1個80〜90円安くベースブレッドを購入できる
  • コンビニだと店舗によっては品切れ(公式なら好きな味が選べる!)
  • 定期縛りなしの定期便コースがあり、10%OFFの価格で購入可能!

\初回20%OFF!コンビニで買うよりお得!/

参考にどうぞ
ベースブレッドはどこのコンビニで買える?販売店舗・価格・種類を調べてみた 「地方住みだけど、ベースブレッドはセイコーマートでも買える?」 「コンビニで買うより、公式サイトで購入した方が安いって本当?」   インスタなどのSNSで糖質...
参考にどうぞ
ベースブレッドを一番安く買う方法!お得なクーポンや1ヶ月分の費用も解説 ベースブレッドは、手軽に栄養バランスの良い食事を摂れる商品です。健康やダイエットに関心の高い方に人気があります。しかし、購入するにあたって気になるのは価格で...

※記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部がGOOPANに還元されるケースがあります。
※記事に掲載されている情報は、GOOPANが独自に調査したものであり、掲載価格の変動や登録ミスにより情報が変わる可能性があります。

※最新価格や詳細情報につきましては、メーカーや販売店、各ECサイトにご確認いただくことをお勧めいたします。

目次

ベースブレッドを食べて肌荒れが改善するかどうかは個人差が大きい

ベースブレッドを食べて肌荒れが改善するか否かは個人差によるものが大きいと言えます。

というのも、ベースブレッドに含まれる栄養素には確かに肌荒れ改善を助ける成分がいくつか入ってはいますが、肌荒れの原因は食事以外の睡眠やストレスなどの生活習慣も大きく関わってくるからです。

「ベースブレッドを食べたから肌荒れが治る!」というわけではなく、もともと乱れていた食生活が整って肌荒れが落ち着いた・・・などの可能性が考えられます。

そのため、ベースブレッドが及ぼす肌荒れへの影響は個人差によるものが大きいということを忘れないようにしておきましょう。

ベースブレッドは肌荒れに効果が期待できる?食べた人の口コミを調査!

ベースブレッドは肌荒れに効果が期待できる?食べた人の口コミを調査!

本メディアではベースブレッドを食べたことのある121人にアンケートを実施し、「食べ始めた前後で肌荒れに対する変化があったかどうか」ということについてインタビューを実施しました。

その結果、インタビューを受けた31%の人が「肌荒れがおさまった・よくなった」など、肌荒れに対する効果を感じる感想を回答。

また、52%の人が「特に変化はなかった・効果は感じなかった」と回答し、残りの17%の人が「逆に肌荒れした」という回答を寄せてくれました。

インタビューで寄せられた実際の声をそれぞれ詳しく紹介します。

「効果を感じた」という声

ベースブレッドを食べ始めてから、身体全体の調子が良くて、ボロボロだった肌の触り心地も良くなった気がする
肌荒れしやすかった口周りのブツブツが落ち着いた

食生活に偏りがある人や、バランスの良い食事を摂れていなかった人がベースブレッドを食べ始めると、肌荒れが良くなったと感じることが多いようです。

特に口周りのニキビは胃腸の不調で出ることが多いようなので、ベースブレッドを食べることで腸内環境が整い、肌荒れも良くなったと考えられるでしょう。

ベースブレッドは1食2袋で1食に必要な栄養素をバランスよく摂取できるため、特に食生活が乱れやすい人が食べると、肌荒れが改善しやすい傾向にあるようです。

特に効果を感じなかったという声

食べた後と前での肌の変化は特に感じていない
便通は良くなったと思うけど、肌に関する変化は感じなかった

インタビューをして一番多かったのが「特に変化はなかった・効果は感じなかった」という意見。

実際に筆者も便通が良くなったり、体重の減少は感じましたが、肌荒れの改善等は見られませんでした。

ある程度自炊をしていたり、一部の栄養が不足している程度であれば、劇的な肌荒れ改善効果は見られないのかもしれません。

逆に肌荒れしたという声

ベースブレッドを食べ始めてから肌が荒れやすくなった気がしたからやめた
普段あまりパンを食べないからか、食べ始めてから荒れるようになった気がする
インタビューをした中では17%という少数派ではありますが、ベースブレッドを食べて肌荒れしたという人もいました。

その方達に共通していたのは「普段はあまりパンを食べていない」「お米を食べる機会の方が多い」ということ。

突然、多くの小麦を摂取することで、体内の健康バランスが崩れて肌荒れが引き起こされている可能性もあるでしょう。

体質の問題もあるかもしれないので、ベースブレッドを食べて肌荒れなどの症状が出たら無理せずに食べるのをやめるのがおすすめです。

ベースブレッドを食べて肌荒れする原因

ベースブレッドを食べて肌荒れする原因

ベースブレッドを食べて肌荒れする原因として考えられるものは以下の2点です。

  • 小麦アレルギーの可能性
  • 糖質・脂質の摂取オーバー

それぞれの原因について詳しく解説します。

「ベースブレッドを食べて肌荒れしないか不安」「この肌荒れはベースブレッドが原因かもしれない」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

小麦アレルギーの可能性

ベースブレッドを食べて肌荒れする人は小麦アレルギーの可能性があります。

重篤なアレルギー反応が出ない人でも、普段パンや麺類などの小麦製品を食べる機会が少ない場合は、身体が過剰に反応して肌荒れに繋がることも・・・。

ベースブレッドは、通常の小麦粉ではなく全粒粉を使用していますが、小麦粉の一種であることには変わりないので、小麦製品を食べて体が痒くなったり、肌荒れをしやすくなった経験がある人は、一度ベースブレッドを食べるのをやめて、肌の様子を見てみてください。

糖質・脂質の摂取オーバー

ベースブレッドを食べて肌荒れする要因の1つが糖質・脂質の摂取オーバー。

ベースブレッドは5枚切り食パンの糖質(35.4g)に比べると、すべての味の糖質量が20〜30g程度なので、低糖質ではありますが脂質は食パンの倍以上含まれています。

そのため、「完全栄養食だから」「健康にいいから」といって、1食3袋以上食べたりすると、糖質・脂質ともにオーバーしてしまいます。

糖質や脂質を必要以上に摂取すると肌荒れの原因となるので、肌の様子を見ながら1食あたり1〜2袋を目安にして食べるようにしましょう。

【睡眠不足、ストレスなど、ベースブレッド以外が原因の可能性も】

ベースブレッドを食べたこと以外にも、睡眠不足などの生活習慣、日頃のストレスやホルモンバランスの乱れが肌荒れを引き起こしている可能性も。

忙しいと疎かにしがちな睡眠は、成人の場合、最低でも7時間は必要だと言われています。

睡眠をしっかりとることで、肌荒れ改善はもちろんのこと、ストレスも緩和され、ダイエットもより効果的にすすめられるという研究もあるので、できるだけ7時間以上の睡眠は確保するようにしましょう。

また、女性は特に生理などでホルモンバランスが乱れることが原因で肌荒れが起こることもあるので、生理でホルモンが乱れている場合は、ホルモンバランスを整える豆類や、ナッツ類、タンパク質を多く含む食べ物を取り入れて様子を見てみてください。

ベースブレッドで肌荒れがよくなったと感じる理由を成分から解説!

ベースブレッドで肌荒れがよくなったと感じる理由を成分から解説!

本メディアでおこなったインタビューの結果、31%もの人が「ベースブレッドを食べて肌荒れが改善した」と感じていました。

肌荒れが改善した理由をベースブレッドの成分から以下のように解説します。

  • 4つのビタミンB群が入っている
  • 13種類のミネラルが入っている
  • タンパク質が13.5g以上入っている
  • 糖質が35g未満
  • 食物繊維が3g以上入っている
  • 魚やクルミにも含まれている「オメガ-3脂肪酸」が入っている

「ベースブレッドで肌荒れが改善すると感じた理由は何?」「実際に肌に良い成分は入っているの?」という疑問がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

4つのビタミンB群が入っている

ベースブレッドに入っている栄養素

出典:BASE FOOD

ベースブレッドには肌の健康を助けてくれる以下の4つのビタミンB群が基準値以上に含まれています。

  • ビタミンB1:皮膚の新陳代謝を促進する栄養素
  • ビタミンB2:皮膚の細胞分裂を助ける栄養素
  • ビタミンB6:皮脂の分泌量の調整を助ける栄養素
  • ビタミンB12:肌の色素沈着を防ぐ栄養素

これらのビタミンは、不足すると肌のターンオーバーが乱れたり、皮脂が出すぎたりして、ニキビなどの肌荒れの原因になります。

ビタミンB群は特に摂取しにくい栄養素の1つ。さらに、水溶性ビタミンなので、たくさん摂取したとしてもすぐに体外に排出されてしまいます。

そのため、ベースブレッドで毎日コンスタントに補給できると肌の健康を保ちやすくなるということが、肌荒れが改善した理由の1つだと考えられるでしょう。

13種類のミネラルが入っている

ベースブレッドには13種類のミネラルが含まれています。

ナトリウムだけは、基準値よりも低い数値ですが、亜鉛やセレン、鉄、カリウム、マグネシウムなどの肌の健康を助けてくれるミネラルは基準値以上!

13種類のミネラルの中でも特に肌の健康を助けてくれるミネラルの働きは以下の通りです。

  • 亜鉛:細胞の合成・新陳代謝を助ける栄養素
  • セレン:抗酸化作用により肌の老化を予防する栄養素
  • 鉄:肌の弾力・潤いを保つコラーゲンの生成を助ける栄養素
  • カリウム:肌の再生を助ける栄養素
  • マグネシウム:肌のバリア機能を暑ける・保湿を助ける栄養素

ミネラルもビタミンB群同様、不足しがちな栄養素の1つです。

ベースブレッドはミネラルもコンスタントに摂取できるため、継続して食べていると肌の調子が良くなることもあるのだと考えられます。

タンパク質が13.5g以上入っている

ベースブレッドはどの味でもタンパク質が1袋あたり13.5〜14.0g入っています。

18歳以上のタンパク質の1日の推奨摂取量は、男性が65g、女性が50gなので、1袋で1日に必要なタンパク質の約1/4を摂取することが可能です。

タンパク質は細胞の修復や生成を助ける働きもあるため、皮膚のバリア機能が強化され、肌荒れによってダメージを受けていた肌の修復も進めてくれるといわれています。

ベースブレッドを1食1袋〜2袋程度食べることで、十分なタンパク質を摂取することができ、肌の修復が進んだ可能性があると言えるでしょう。

糖質が35g未満

糖質の摂りすぎは血糖値の上昇や体内の炎症反応を促進させてしまい、肌荒れの原因となります。

糖質の1日の摂取目安量は定められていません。

日本人の平均糖質摂取量は1日あたり270g〜300gだといわれていますが、この量の糖質を摂取していると肌荒れや高血糖のリスクが生まれる可能性もあるので、糖質制限をしていない場合でも1食あたり多くても80g以内の摂取に抑えるのが良いでしょう。

ベースブレッドはすべての味の糖質量が35g未満なので、2袋食べても80gをオーバーすることはありません。

通常の小麦で作られたパン5枚切り(80g)の糖質量35.5gや、白米100gの糖質量35.6gよりも少ないので、ベースブレッドを主食にすることで、自動的に糖質量を抑えられたために、肌荒れが改善した可能性があります。

あわせて読みたい
ベースブレッドの糖質はどれくらい?糖質制限中の食べ方やメリット・デメリットについて解説! 「ベースブレッドの糖質はどれくらい?」 「糖質制限中にベースブレッドを食べてもいい?」 簡単にバランスの良い食事ができる「完全栄養食」として人気のベースブレッ...

食物繊維が3g以上入っている

ベースブレッドはどの味でも食物繊維が3g以上入っています。

厚生労働省が策定した「日本人の食摂取基準(2020年)」では、18歳以上の1日あたりの食物繊維の目標量は男性で21g以上、女性で18g以上です。

ベースブレッドを1食に2袋食べれば、6g〜7gの食物繊維を摂取することができ、1日に摂取したい食物繊維の約1/3の量を食べたことになります。

食物繊維をしっかり摂取すると、腸の動きが活発になり、便秘改善などの効果が見込めるでしょう。

実際に、筆者もベースブレッドを食べ始めてから便秘が改善し、体全体の調子が良くなったように感じています。

便秘が改善されると、体内の老廃物も排出されるので、間接的に肌荒れ改善に貢献している可能性があるでしょう。

魚やクルミにも含まれている「オメガ-3脂肪酸」が入っている

ベースブレッドにはサバやイワシ、クルミ、えごま油などに含まれている「オメガ-3脂肪酸」が、基準値以上含まれています。

「オメガ-3脂肪酸」は、普段の食事で不足しがちな栄養素の1つです。

肌のターンオーバーを整えたり、腸内環境を整えたりする働きがあるため、肌荒れ改善に密接な関係があるといえるでしょう。

ベースブレッド全10種の成分一覧

ベースブレッド全10種の成分一覧は以下の通りです。

ダイエットや糖質制限、健康管理など・・・

欲しい効果によって食べる量や味を変える必要も出てくるため、「自分はどのような組み合わせで食べよう・・・?」という悩みがある人は、ぜひ以下の一覧を参考にして、ベースブレッドの組み合わせを考えてみてください。

ベースブレッド全10種の成分一覧(クリックorタップで開きます。)
成分
プレーン 熱量:194kcal
たんぱく質:13.8g
脂質:6.7g
n-3系脂肪酸:0.5g
n-6系脂肪酸:1.6g
炭水化物:22.2g
糖質:18.5g
食物繊維:3.7g
食塩相当量:0.3g
亜鉛:1.5mg
カリウム:474mg
カルシウム:119mg
クロム:2.3μg
セレン:7.2μg
鉄:1.9mg
銅:0.3mg
マグネシウム:68mg
マンガン:1.5mg
モリブデン:43.3μg
ヨウ素:37.3μg
リン:157mg
ナイアシン:8.8mg
パントテン酸:1.6mg
ビオチン:12.7μg
ビタミンA:193μg
ビタミンB1:0.4mg
ビタミンB2:0.4mg
ビタミンB6:0.4mg
ビタミンB12:0.4μg
ビタミンC:22mg
ビタミンD:1.7μg
ビタミンE:2.5mg
ビタミンK:26.5μg
葉酸:97μg
チョコレート 熱量:232kcal
たんぱく質:14.0g
脂質:8.7g
n-3系脂肪酸:0.5g
n-6系脂肪酸:1.8g
炭水化物:27.0g
糖質:23.1g
食物繊維:3.9g
食塩相当量:0.4g
亜鉛:1.6mg
カリウム:470mg
カルシウム:118mg
クロム:2.3μg
セレン:7.2μg
鉄:1.9mg
銅:0.3mg
マグネシウム:67mg
マンガン:1.5mg
モリブデン:43.0μg
ヨウ素:37.0μg
リン:156mg
ナイアシン:8.8mg
パントテン酸:1.6mg
ビオチン:12.6μg
ビタミンA:191μg
ビタミンB1:0.4mg
ビタミンB2:0.4mg
ビタミンB6:0.4mg
ビタミンB12:0.4μg
ビタミンC:22mg
ビタミンD:1.7μg
ビタミンE:2.5mg
ビタミンK:25.5μg
葉酸:96μg
メープル 熱量:235kcal
たんぱく質:13.5g
脂質:9.1g
n-3系脂肪酸:0.5g
n-6系脂肪酸:1.6g
炭水化物:27.2g
糖質:23.5g
食物繊維:3.7g
食塩相当量:0.4g
亜鉛:1.5mg
カリウム:467mg
カルシウム:117mg
クロム:2.3μg
セレン:8.2μg
鉄:1.7mg
銅:0.3mg
マグネシウム:67mg
マンガン:1.5mg
モリブデン:42.9μg
ヨウ素:37.3μg
リン:155mg
ナイアシン:8.7mg
パントテン酸:1.6mg
ビオチン:14.6μg
ビタミンA:191μg
ビタミンB1:0.4mg
ビタミンB2:0.4mg
ビタミンB6:0.4mg
ビタミンB12:0.5μg
ビタミンC:25mg
ビタミンD:1.7μg
ビタミンE:2.5mg
ビタミンK:27.0μg
葉酸:96μg
シナモン 熱量:232kcal
たんぱく質:13.8g
脂質:8.8g
n-3系脂肪酸:0.5g
n-6系脂肪酸:2.0g
炭水化物:27.1g
糖質:23.4g
食物繊維:3.7g
食塩相当量:0.3g
亜鉛:1.6mg
カリウム:472mg
カルシウム:124mg
クロム:2.3μg
セレン:7.2μg
鉄:2.0mg
銅:0.3mg
マグネシウム:68mg
マンガン:1.5mg
モリブデン:43.2μg
ヨウ素:37.1μg
リン:156mg
ナイアシン:8.8mg
パントテン酸:1.6mg
ビオチン:12.7μg
ビタミンA:176μg
ビタミンB1:0.4mg
ビタミンB2:0.4mg
ビタミンB6:0.4mg
ビタミンB12:0.4μg
ビタミンC:21mg
ビタミンD:1.5μg
ビタミンE:2.5mg
ビタミンK:26.0μg
葉酸:97μg
カレー 熱量:214kcal
たんぱく質:13.7g
脂質:6.3g
n-3系脂肪酸:0.4g
n-6系脂肪酸:1.7g
炭水化物:27.7g
糖質:23.8g
食物繊維:3.9g
食塩相当量:0.7g
亜鉛:1.6mg
カリウム:472mg
カルシウム:114mg
クロム:2.4μg
セレン:8.6μg
鉄:1.9mg
銅:0.3mg
マグネシウム:71mg
マンガン:1.3mg
モリブデン:45.2μg
ヨウ素:39.0μg
リン:174mg
ナイアシン:9.4mg
パントテン酸:1.7mg
ビオチン:16.9μg
ビタミンA:214μg
ビタミンB1:0.4mg
ビタミンB2:0.4mg
ビタミンB6:0.4mg
ビタミンB12:0.5μg
ビタミンC:23mg
ビタミンD:1.8μg
ビタミンE:2.6mg
ビタミンK:26.4μg
葉酸:109μg
ミニ食パン・プレーン 熱量:236kcal
たんぱく質:13.5g
脂質:7.5g
n-3系脂肪酸:0.4g
n-6系脂肪酸:1.7g
炭水化物:25.5g
糖質:22.3g
食物繊維:3.2g
食塩相当量:0.9g
亜鉛:1.6mg
カリウム:468mg
カルシウム:115mg
クロム:1.7μg
セレン:9.6μg
鉄:1.7mg
銅:0.2mg
マグネシウム:68mg
マンガン:1.6mg
モリブデン:49.5μg
ヨウ素:25.1μg
リン:176mg
ナイアシン:9.3mg
パントテン酸:1.3mg
ビオチン:8.8μg
ビタミンA:164μg
ビタミンB1:0.5mg
ビタミンB2:0.4mg
ビタミンB6:0.5mg
ビタミンB12:0.5μg
ビタミンC:17mg
ビタミンD:1.2μg
ビタミンE:2.5mg
ビタミンK:27.1μg
葉酸:120μg
ミニ食パン・レーズン 熱量:281kcal
たんぱく質:13.5g
脂質:7.4g
n-3系脂肪酸:0.5g
n-6系脂肪酸:2.0g
炭水化物:38.1g
糖質:34.3g
食物繊維:3.8g
食塩相当量:1.1g
亜鉛:1.6mg
カリウム:584mg
カルシウム:125mg
クロム:1.7μg
セレン:9.6μg
鉄:2.0mg
銅:0.3mg
マグネシウム:72mg
マンガン:1.6mg
モリブデン:49.4μg
ヨウ素:25.2μg
リン:190mg
ナイアシン:9.6mg
パントテン酸:1.4mg
ビオチン:8.8μg
ビタミンA:161μg
ビタミンB1:0.5mg
ビタミンB2:0.4mg
ビタミンB6:0.5mg
ビタミンB12:0.5μg
ビタミンC:17mg
ビタミンD:1.7μg
ビタミンE:3.3mg
ビタミンK:27.8μg
葉酸:126μg
リッチ 熱量:221kcal
たんぱく質:13.5g
脂質:7.2g
n-3系脂肪酸:0.4g
n-6系脂肪酸:1.8g
炭水化物:26.4g
糖質:23.0g
食物繊維:3.4g
食塩相当量:0.5g
亜鉛:1.5mg
カリウム:472mg
カルシウム:138mg
クロム:2.9μg
セレン:8.8μg
鉄:1.4mg
銅:0.2mg
マグネシウム:57mg
マンガン:1.1mg
モリブデン:27.0μg
ヨウ素:36.5μg
リン:210mg
ナイアシン:5.9mg
パントテン酸:1.6mg
ビオチン:9.7μg
ビタミンA:133μg
ビタミンB1:0.4mg
ビタミンB2:0.4mg
ビタミンB6:0.4mg
ビタミンB12:0.6μg
ビタミンC:17mg
ビタミンD:1.3μg
ビタミンE:2.7mg
ビタミンK:31.4μg
葉酸:95μg
ソーセージ(都内ファミマ限定) 熱量:310kcal
たんぱく質:13.5g
脂質:16.3g
n-3系脂肪酸:0.4g
n-6系脂肪酸:2.8g
炭水化物:26.4g
糖質:23.3g
食物繊維:3.2g
食塩相当量:1.3g
亜鉛:1.9mg
カリウム:551mg
カルシウム:113mg
クロム:2.9μg
セレン:14.0μg
鉄:1.1g
銅:0.2mg
マグネシウム:55mg
マンガン:0.9mg
モリブデン:29.9μg
ヨウ素:28.2μg
リン:208mg
ナイアシン:8.9mg
パントテン酸:1.5mg
ビオチン:11.2μg
ビタミンA:147μg
ビタミンB1:0.5mg
ビタミンB2:0.3mg
ビタミンB6:0.4mg
ビタミンB12:0.6μg
ビタミンC:17mg
ビタミンD:1.4μg
ビタミンE:2.0mg
ビタミンK:25.2μg
葉酸:88μg
ツナ(都内ファミマ限定) 熱量:241kcal
たんぱく質:13.5g
脂質:9.5g
n-3系脂肪酸:0.0g
n-6系脂肪酸:4.0g
炭水化物:24.9g
糖質:21.7g
食物繊維:3.2g
食塩相当量:1.1g
亜鉛:1.5mg
カリウム:525mg
カルシウム:113mg
クロム:2.4μg
セレン:9.2μg
鉄:1.5mg
銅:0.2mg
マグネシウム:53mg
マンガン:0.9mg
モリブデン:29.5μg
ヨウ素:27.6μg
リン:164mg
ナイアシン:8.9mg
パントテン酸:1.3mg
ビオチン:10.3μg
ビタミンA:148μg
ビタミンB1:0.4mg
ビタミンB2:0.2mg
ビタミンB6:0.4mg
ビタミンB12:0.7μg
ビタミンC:17mg
ビタミンD:1.6μg
ビタミンE:7.1mg
ビタミンK:31.2μg
葉酸:89μg

ベースブレッドを1番安く買いたいなら公式サイトがおすすめ!

ベースブレッドを1番安く買いたいなら公式サイトがおすすめ!

ベースブレッドはコンビニや薬局の一部店舗でも購入できますが「毎日食べたい」「お得に購入したい」という場合は、公式サイトの方が安く購入できて、お得です。

表に、【コンビニ・薬局】で購入した場合の市販価格公式サイトで購入した場合の金額差をまとめましたので参考にしてください。

【表の見方】

  • 公式サイトの①
    初回価格の『継続コース』
  • 公式サイトの②
    →2回目以降の価格『継続コース』

※継続コースは後述しますが1,2分で簡単に解約できます

コンビニ・薬局 公式サイト 金額差
プレーン 248円 168円
②189円
①80円
②59円
ミニ食パン・プレーン 267円 184円
②207円
①83円
②60円
ミニ食パン・レーズン 298円 208円
②234円
①90円
②64円
チョコレート 267円 184円
②207円
①83円
②60円
メープル 267円 184円
②207円
①83円
②60円
シナモン 267円 184円
②207円
①83円
②60円
カレー 298円 208円
②234円
①90円
②64円
リッチ 調査中 184円
②207円
調査中

※ソーセージ・ツナは都内ファミマ限定

公式サイトの継続コースなら、初回限定20%OFFで1個あたり80〜90円安くベースブレッドを購入できます。

継続コースのスタートセットであれば、単品購入より1,000円ほどお得に購入できます。

継続コースのスタートセット

  • パン14袋セット:3,840円3,172円(初回限定)
  • パン8袋&クッキー10袋セット:4,200円3,460円(初回限定)
  • パン10袋&パスタ4袋セット:4,600円→3,780円(初回限定

目的に合わせてカスタマイズで購入する場合
※パンの種類によって値段は変わります

◾️試しに3,000円分だけ購入したい(チョコ16袋):3,680円2,944円(初回限定)

◾️1ヶ月間、毎日1袋だけ置き換えしたい方向け(チョコ28袋+メープル2袋):6,210円5,520円(初回限定)

◾️ガッツリと毎日1食分(2袋)は置き換えたい(チョコ32袋+メープル28袋):12,420円11,040円(初回限定)

継続コースは2回目以降も10%OFFで購入でき、不定期でクーポンも配信されるので、コンビニで購入するより公式サイトでの購入が圧倒的にお得です。

継続コースは簡単に1,2分で解約できるので「お得にベースブレッドを試してみたい」方は、継続コースでの購入をおすすめします。

\初回20%OFF!コンビニで買うよりお得!/

ベースフードシリーズの詳細情報

ベースフード スタートセット BASE FOOD 継続コース パン24袋&パスタ4袋&クッキー10袋セット

賞味期限 注文日から約1ヶ月前後
配送方法 ヤマト運輸
送料
  • 常温配送:全国一律500円
  • 冷凍配送:全国一律900円

※「継続コース」「1回のみお届け」一律

支払い方法 ・クレジットカード

(VISA / Master Card / AMEX / JCB)

・Amazon Pay

・代金引換

(現金のみ/代引手数料330円~)

■「1回のみお届け」での購入の場合、上記に加えて以下の方法でも支払い可能

・コンビニ決済

(手数料216円)

・銀行振込

(+各金融機関の振込手数料)

返品について 【返品可能な事例】

・初期不良

・配送中の事故等による商品破損

・申し込み内容と異なる商品

※上記の場合、商品到着の2週間以内にお問い合わせフォームより連絡

簡単2STEP!ベースフードシリーズの注文方法

ベースブレッドの申し込み方法と解約方法

STEP1:個別注文or継続コースの選択

初めて注文する場合は、以下の3パターンもしくは自分に合ったものを選んで注文しましょう。
  継続コース
まずはおためし
14袋セット
継続コース
パン8袋&クッキー10袋セット
継続コース
パン10袋&パスタ4袋セット

自分で注文
公式サイトでの初回価格 3,840円

3,172円

4,200円

3,460円

4,600円

3,780

2,400円以上で注文可能
ベースブレッド:168円〜
ベースパスタ:336円〜
ベースクッキー:144円〜
内容 ■各2袋

  • メープル
  • シナモン
  • リッチ

■各4袋

  • ミニ食パン・レーズン
  • チョコレート
■ベースブレッド(各2袋)

  • ミニ食パン・レーズン
  • チョコレート
  • メープル
  • リッチ

■ベースクッキー(各2袋)

  • ココア
  • アールグレイ
  • 抹茶
  • ココナッツ
  • さつまいも
■ベースブレッド

  • ミニ食パン・レーズン(4袋)
  • チョコレート(2袋)
  • メープル(2袋)
  • リッチ(2袋)

■ベースパスタ(各2袋)

  • フェットチーネ
  • アジアン
自分で選択

\初回20%OFF!コンビニで買うよりお得!/

STEP2:配送先設定

Amazonアカウントの情報を利用できるので、配送先の入力が面倒だと感じる人は「amzon pay」のボタンから、Amazonアカウントのログイン情報を入力して、購入しましょう。

ベースブレッド注文方法を選択

注文情報入力フォーム

Amazonアカウントの情報がない人は「フォームを入力する」ボタンをタップして、公式サイトの指示に従って以下の情報を入力します。

・氏名
・メールアドレス
・パスワード
・配送先
・電話番号
・請求先住所
・配送日指定(※置き配も選択可)
・支払い方法の設定
ベースブレッド 注文情報入力フォーム

注文情報入力フォーム

ベースブレッド 注文確認画面
確認画面で、情報に間違いがないことを確認して、【ご注文を完了する】ボタンを押下。 以上で注文完了です。

ベースブレッド継続コースの解約方法

継続コースの解約は、ベースブレッドのマイページにログインして、『次回お届け日・内容を変更する』ボタンをクリック・タップしてください。

ベースフード ベースブレッド 継続コース 解約

毎月注文しているベースブレッドが表示されるので、すべての袋数を0にして合計金額が0になっていることを確認してから『変更を保存』ボタンをクリック・タップ。

ベースフード ベースブレッド 継続コース 解約

ベースブレッドの注文画面

ベースフード 継続コース 解約

ベースブレッドの注文画面:0に変更

削除』ボタンをクリック・タップだと0に変更するより早く変更できて楽です。

変更を保存』ボタンをクリック・タップすると、最終確認の画面になります。

ベースフード ベースブレッド 継続コース 解約

ベースブレッド解約:確認画面

下までスクロールすると『解約する』ボタンがあるので、クリック・タップすれば解約完了です。

ベースフード ベースブレッド 継続コース 解約

ベースブレッド解約:確認画面

ベースフード ベースブレッド 継続コース 解約

ベースブレッド解約:解約完了画面

ただし、解約したい場合は下記点に気をつけて手続きを行いましょう。

  • 解約手続きは「お届け予定日」の5日前までに行う必要がある
  • ランク・マイルリセットされる

ベースブレッドに関するよくある質問

ベースブレッドのデメリットについてよくある以下の2つの質問について、それぞれ解説します。

  • ベースブレッドは体に悪いですか?
  • ベースブレッドを食べたら太りますか?

ベースブレッドのデメリットに関する疑問がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

ベースブレッドは体に悪いですか?

ベースブレッドは、食物繊維やタンパク質が豊富で、不足しやすい26種類のビタミン・ミネラルもバランスよく摂取できる低糖質パンなので、基本的には健康に良いと言える食品です。

ただし、炭水化物やミネラルは十分に補えないため、他の食品から補給する必要があるでしょう。

また、健康に良い食品だからと言って、1日に10袋などの量を食べてしまうと、食物繊維の過剰摂取になり、腸内環境が乱れてしまう可能性があります。

極端に食べすぎることがなければ、基本的には健康に良い食品なので、1食の摂取目安量(1袋〜2袋)を守って食べるようにしましょう。

以下の記事では、ベースブレッドの原材料・添加物・栄養素について、管理栄養士が監修し、詳しく解説しているので、ベースブレッドに含まれている材料や栄養についてより詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ベースブレッドは体に悪い?原材料・添加物・栄養素を管理栄養士が解説! 【執筆者】 島方 端乃 【資格】管理栄養士、フードコーディネーター 大学卒業後、病院の管理栄養士として、メニュー開発などに携わる。その後フードスタイリストのアシ...

ベースブレッドを食べたら太りますか?

ベースブレッドは確かに栄養バランスが整った「完全栄養食」ですが「ダイエット食」ではないため、以下のように何も考えずに食べてしまうと太ってしまうことがあります。

1食で3袋以上食べてしまった
・アレンジにチーズやバター、クリームなどの高カロリー食品を使いすぎた
・3食のほかに「間食」として1袋食べてしまった
・自分の1日の推奨摂取カロリー量・糖質量を超えた量を食べてしまっていた

「ベースブレッドを食べて健康的に痩せたい!」という人は、カロリー計算アプリ等を利用して、摂取カロリーのコントロールをしながら食べることが大切です。

 

実際に筆者が太った・痩せた時の食べ方を紹介していますので、気になる方は下記の記事をチェックしてみてください。

あわせて読みたい
ベースブレッドで太るって本当?太った原因と痩せる食べ方を徹底解説! 「ベースブレッドを食べて太るという噂は本当なのか知りたい」「ベースブレッドで太る原因は何?」 ダイエット中の主食として、多くのダイエッターから注目を集めている...

まとめ

本記事では、ベースブレッドを食べて肌荒れが改善したと感じている人の実際の声を調査しました。

ベースブレッドを食べて感じる肌荒れ改善は人差によるものが大きいのですが、実際に肌荒れが良くなったと感じている人も多く、本記事でインタビューした121人のうち31%もの人が肌荒れが改善したように感じたと回答。

ベースブレッドを食べ始めてから、身体全体の調子が良くて、ボロボロだった肌の触り心地も良くなった気がする
肌荒れしやすかった口周りのブツブツが落ち着いた

ベースブレッドは、普通の食事で不足しがちなビタミンB群やミネラルやタンパク質などが基準値以上含まれているため、特に偏った食生活をしている人は肌荒れ改善を感じやすいでしょう。

「最近食生活が偏っている」「バランスの取れた食事を簡単に食べたい」という人は、ぜひ一度ベースブレッドを試してみてください。

\初回20%OFF!コンビニで買うよりお得!/

 

※本記事は、2024年6月12日に更新しています。

※記事内の情報は、2024年6月12日現在の情報のため、料金やパンの種類の変更がある場合があります。詳しくは公式サイトでご確認ください。

※記事内の表示価格は全て税込価格

執筆者

いいの きい
いいの きい
バゲットをはじめとしたハード系のパンが大好き。そのままの味はもちろん、レバーペーストやバター、チーズなどをのせて、パンライフを楽しんでいます。パンに合う付け合わせや、飲み物も考えるのが好きなWebライターです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次